Dコース 横浜中華街・元町・山下公園

 

みなとみらい線 元町・中華街駅 元町口→マリンタワー→山下公園(氷川丸)→世界の広場→フランス橋→元町商店街→前田橋→中華街(朱雀門、横浜媽祖廟、横浜関帝廟) 

 

☆横浜マリンタワー

1961(昭和36)年、展望塔、灯台に海洋博物館を併置した海洋文化センターとして開港100周年記念事業の一環として開館した。高さ106m。2009(平成21)年の開港150周年にリニューアルオープンした。夜はタワーがライトアップされて様々な色に変化する。

☆山下公園

1923(大正12)年の関東大震災の後、横浜市が立案して国が承認した復興計画により、瓦礫置き場の上に盛り土して1930(昭和5)年に完成した臨海公園。海の展望、沈床花壇のバラ、歌碑や記念碑など見どころの多い公園で、平成29年に国の重要文化財に指定された氷川丸が係留されている。

☆元町商店街

元町は、横浜村の約100戸の人々が、1860(万延元)年山手の丘の麓に移り住んで作った町。外国人居留地と山手の外国人住宅との間で、外国人たちの日用品を提供する唐物(洋服)屋、道具屋、洋食器、靴、宝石、食料品などの販売を営みエキゾチックな街角を築いた。戦後は全国の商店街に先駆けて「壁面後退(セットバック)」を実施、「歩行者空間」が完成。

クリックして拡大

☆横浜中華街 

開港と同時にアメリカ、イギリス、フランスなど諸外国から多くの商人が訪れ、居留地に商館を開く。彼らの多くは、日本人と漢字で筆談できる中国人を伴って来日した。そのころ、現在の中華街のあたりは横浜新田といわれる田んぼであったが、中国人が次第に集まって街を作った。

 

クリックして拡大

☆牌楼

中華街には東西南北の入口に4つの門(牌楼)がある。東・南・西の門は太陽が昇り沈むまで中華街を守り、北の門は太陽が沈んだ後、次に太陽が昇るまでの暗闇を守る。

クリックして拡大

☆横浜関帝廟

 関帝廟には三国志の英雄関羽(かんう)が祀られている。武将でありながら簿記(大福帳)を考案した関羽は特に優れ、信義も熱く、経理にも明るいということで崇拝され、民間信仰に発展していった。「華僑の居るところ関帝廟あり」といわれるように世界中の華僑に信仰され心のよりどころとなっている。

 

☆横浜媽祖廟

「みなと横浜」にふさわしい海の安全を守る媽祖が祀られている。2006(平成18)年3月17日に落慶開廟した。媽祖は実在した福建省・林氏の娘で、小さいころから才知に長け、16歳で神からの教えと銅製のお守りを授けられたといわれている。